中国のTargeted Individuals

Stop The Torture Program! Worldwide Crime.
中国被害者(Targeted Individuals))からのSOS
Targeted Individual Day
August 29, 2019

中国のTargeted Individuals

中国にも沢山の被害者がいます。もちろん集団ストーカー、音声送信、マインドコントロール、遠隔からのエネルギー電波攻撃等被害内容は一緒です。
ご存知の通り中国は監視社会の最先頭を走っています。
被害者が国内で声をあげて抗議することは大変危険であり、困難なことであることをご理解願います。

しかし、それでも勇気ある代替メディア(内部告発者サイト)が被害者からの懇願を受けて素晴らしい被害者達の被害インタビュー作品を
3年前に作りました。
マレーシアの被害者の方からこのビデオサイトを頂きましたけどその後受信ファルダ―に入れてあったビデオサイトが消されてしまいましたけどその後ユーチューブにあがっているのを見つけましたのでご紹介します。

2部作になっています。
被害者が数人出てきて自分の被害をお話していますが、被害者の苦しみはどの国の被害者も一緒ですのでご理解できるかと思います。

グーグル機械翻訳
中国の被害者の実態であり、彼らは助けを求めています。誰がこのようなことを行っているのかについて被害者が信じていることの記述がありますので、ご注意してお読みください。

中国の電磁マインドコントロールテクノロジーの被害者は、2018年5月8日に北京最高人民検察庁に集団控訴を提出しました(Bloody Mind Control組織の提供)。

中国の電磁マインドコントロール技術の犠牲者が証言を提供し、助けを求めることでオリビアリー、大紀元1件のコメント2019年10月30日 更新日:2019年10月30日
シェア数千人の中国市民は、電磁(EM)マインドコントロールテクノロジーの犠牲者であると主張しています。
これは、EM波を使用して脳を貫通するハイテク攻撃で、人の心、思考、感情、および行動を変化させ、影響を与えます。
中国全土に40万人以上の被害者がいるとされており、政府機関のさまざまなレベルに個別にまたはグループで多数の苦情を提出しています。犠牲者は普通の市民と政治的反対者であり、彼らは皆答えを求めます。
関与した大規模で高度な技術のタイプにより、攻撃の背後にいる加害者は中国の政権そのものである可能性があると多くの人が信じるようになりました。
中国は2001年に人間の脳プロジェクトに参加しました。このプロジェクトの中国の主要な科学者は、中国で特別な利点を最大限に活用する必要があると公言しました。

被害者のグループは、「Bloody Mind Control」と呼ばれる組織を形成し、国際社会に支援を求めています。
多くは、この分野の科学者が彼らの主張を確証し、彼ら自身の市民に対する中国の科学技術の誤用に対する戦いに参加することを期待して、グループのウェブサイトで詳細な証言を提供しました。
全国的な犯罪
「Bloody Mind Control」の代表であるZhong氏は、中国のEpoch Timesに対し、「マインドコントロール」は中国で60年近くの歴史があり、被害者はすべての年齢層および人生の歩み。
比較的教育水準の高い被害者の中には、状況を調査するために多大な努力をし、オンラインで経験を投稿した人もいます。
彼らは同じような経験をしている中国人がたくさんいることを発見し、国内の脳制御技術の科学的発展について学びました。
「2002年にまとめられた報告書では、少なくとも40万人の被害者が苦情を申し立てており、その数はまだ増え続けていることが明らかになった」とZhongは述べた。
Zhongによると、2016年から、被害者は24の州で州レベルの機関に集団訴訟を起こしました。その後、グループは、2017年以来6回、国家レベルの司法制度に状況を報告しました。

2016年9月26日に、上海のマインドコントロールテクノロジーの被害者16人が上海の司法制度に集団訴訟を起こしました。(ブラッドマインドコントロール組織提供)
「中国当局は私たちの事件に注意を払っていない。私を含む多くの犠牲者は精神病院に送られ、精神科患者として扱われました」と彼は言いました。

証言
1.被害者は実験を行って、彼が幻覚ではないことを証明する中国の元ジャーナリストであるワン氏は最近、中国語のエポックタイムズでの経験を発表しました。
王は2016年から頭の中で彼に話しかける声を聞いたと言った。
「心に何があったとしても、その声はそれを言語化することができました。さらに、私だけがそれを聞くことができ、他の人はそれを聞くことができませんでした。」
この状況は時間とともに悪化しました。
それは無限の音波攻撃のように感じられ、非常に不快で痛みを伴う、とワンは言いました。
「私はそれを言葉による暴力と呼びます。
それはあなたの影のようにいつもあなたと一緒に行きます。
この声をコントロールする人は、あなたの記憶を含むあなたの考えを読み、あなたの弱点、欠点、過去の悪行を知ることができます。
次に、その人はこの知識を使用して、あなたを屈辱し、軽cornし、beります。言葉による虐待はすべて、私の弱点を叩くようなものです。」
「症状」は聴覚幻覚に非常に似ていますが、王は彼が「マインドコントロール」攻撃の犠牲者であることを証明するためにいくつかの実験を行いました。

「ある実験では、壁、天井、床を金属板で覆うことで電磁波を遮断することができました[新聞の印刷に使用されました]。
頭の中でその声が聞こえなくなりました。」

別のテストでは、王は歌からの高い音符を考えましたが、声は音を出すことができませんでした。
「私が考えていた音を「声」が歌おうとしたとき、音程はずっと低くなりました。
これは、音声が機械ではなく人間によって制御されていることを示しています。
時々、地元の方言で考えることで声をテストしましたが、声が異なる方言をまねることができないことがわかりました。」
マインドリーディング、音波攻撃、遠隔操作からの長期的な干渉は、王の日常生活とキャリアを深刻に混乱させました。
ワンは、分析的に焦点を合わせて考えることが難しいと感じています。2018年に干渉が最も深刻になったとき、彼の神経は鋭くなり、簡単に動揺しました。
ワンは1年足らずで4つの自動車事故に巻き込まれました。
「その間、10分以上運転すると必然的に眠りに落ちます。
私は深い眠りではなく、準眠り状態にあり、それを完全にコントロールすることはできませんでした」とワンは説明しました。
4つの事故のうち3つで、彼は彼の前で車にぶつかった。別のケースでは、彼はすぐに家に車を走らせました、そして、彼の車は直立した姿勢で終わりました。
王は、その苦しみは説明を超えており、自殺を企図していると述べた。

2.最も早い申し立て:1970年代の事例
77歳のXin Zhongqingは、文化大革命(1966-1976)で「マインドコントロール」技術の効果を体験したと主張する4人の犠牲者の1人です。1971年1月、Xinは反革命的だと非難され、非難されたと述べた。彼は政治的迫害にさらされ、終わりのない嫌がらせにもかかわらず「告白」することを拒否しました。
中国共産党は、政治的支配のツールとして強制自白を使用しています。
それ以来、彼は自分の心が監視されていると感じました。彼はまた、誰も肉体的に彼をbe打していないにもかかわらず、be打による痛みを感じました。
「彼らは私に秘密のハイテク拷問を使用していることを理解するのに十分なほど賢かった。私は公然と抗議した」とXinは彼の証言で書いた。
Xinは、拷問の方法は時間とともに変化すると述べた。
「1990年代半ばから、これらの犯罪者は秘密のマインドコントロール機関に隠れていたに違いありません。
彼らは私の頭、脳、鼻、首、喉、肩、腰、胸、脚、さらには私的な部分を含む私の身体の部分のいくつかを遠隔的に標的にします。発作は、痛み、かゆみ、暑さと寒さを含む大きな不快感を引き起こします。最も恥ずべきことは、彼らが私に遠隔的に課した性的拷問です!」

私は毎日、あらゆる瞬間にこの種の拷問に苦しんでいます!出張や観光に出かけるために家を出ても、苦しみ続けます。」

3.被害者は脅迫的なメッセージを受け取る

シンセンの5つ星ホテルの元マネージャーであるヤオドゥオジエは、2007年以来奇妙な声に悩まされ、恐ろしいメッセージを受け取っていると中国語のエポックタイムズに語りました。

「私が何を考えようが、私が何をしようが、何を見ようが、声はそれを語ります。しばらくして、誰かが私を殺すか逮捕するという脅迫的なメッセージを聞き始めました。
再び後の段階で、目を閉じるとすぐに不快な画像が表示されます[私の心の中]。
ヤオは言った。

深仙の元5つ星ホテルマネージャーであるYao Duojieは、電磁マインドコントロールテクノロジーの犠牲者としての苦しみを説明し、疑いを持たない中国国民に対して人間の実験を行う非人道的な慣行に抗議しています。(Yao Duojie提供)
「マインドコントロールであることをどのようにして知りましたか?2007年のある時、私は「彼がマインドコントロール下にあることをまだ知らない」という声のグループを聞きました。
「マインドコントロール」という言葉を聞いたことがないので、興味がありました。
オンラインで検索したところ、私と同じ状況に苦しんでいる人が他にもたくさんいることがわかりました。
また、中国中部テレビの軍事プログラムから、マインドコントロール兵器の存在とその仕組みについて学びました。」

4.同様の、しかし多様な経験
オンラインで経験を共有したほとんどすべての犠牲者は、そこにいる誰かが自分の考えを読むことができると言いました。

28歳のイー・シェンリンは2003年に広西チワン族自治区桂林の政府機関で働いていました。ある日、彼は地元のレストランであるキリン宮殿で同僚と夕食をとりました。
彼は家に帰ると、「キリン宮殿の硬化肉はとてもおいしい」と思いました。
すぐに、彼は同じ考えを反響する声を聞いた、「キリン宮殿の硬化肉はとてもおいしい」。
子供のような声が大興奮して言った、「聞いて、聞いて!彼は言った、「キリンパレスの塩漬け肉はとても美味しい!」
その夜、イーはお風呂に入り、服を着るために寝室に入りました。予期せず、彼は「この男が自分の寝室で下着を着ていないという空想!」と言った「キュア肉」に彼と同じ声を聞いた。すべての窓がカーテンで覆われていても。
Peng Yishanという名前の被害者は、彼が心の中で聞いた声は、男性と女性の両方が話しているのを聞いたので、明らかにいくつかの異なる人々からのものだったと言いました。
多くの犠牲者は、24時間体制で音声障害が発生し、良い睡眠が取れなくなると述べています。軽cornされたり屈辱を与えられたりするなど、口頭および感情的に虐待されるほか、特定の身体部分に痛みや刺激を感じている人もいます。
また、性的嫌がらせや拷問を受けているように感じた人もいました。
一部の個人は、より一般的ではない形態のハラスメントおよびコントロールも報告しています。

iao寧省出身の20代の女性被害者であるGao Xiaoweiは、「マインドコントロール」による嫌がらせの一般的な形態に加えて、ポルノ、同性愛、近親相姦などの夢を見ることも多いと述べました。
Gaoは、日中はそのような考えは一度もなかったが、そのようなイメージはしばしば夢に現れると言いました。
別の名前のない被害者は、目覚めているときにポルノ画像が彼女の心に「強制的に現れる」と言いました。
チー・チャンリンは、恥ずかしいことは何もないときに時々恥ずかしく思うだろうと言いました。
非常に奇妙だと感じました。
ある日、彼女が再びこの感情に出会ったとき、心の声が彼女に言った。
「恥ずかしさを感じさせるための電波がこの効果を引き起こすために送られた」。
彼女の心を制御します。
一部の犠牲者は、頭の中の声がしばしば自殺するために彼らを操作しようとすると述べた。
他の人々は、声が彼らを彼らの家族を殺そうとしていると言います。

中国の反体制派も被害者
政治反対派のジア・ジア(68)は、国連難民高等弁務官(UNHCR)から政治難民の地位を与えられ、2006年に中国から逃げた後、ニュージーランドによって永住者として受け入れられました。
2009年10月、Jiaは中国に戻りました。彼が北京の主要国際空港に到着したとき、彼は中国国民に民主主義をもたらす使命を担っていると発表した。
彼は空港で逮捕され、後に「国家権力の転覆」で8年の刑を宣告されました。

2006年11月4日に撮影されたこの写真では、Jia Jiaの息子Jia Kuoは、国際社会に政治的亡命を求めている父親を助けるよう呼びかけました。
台湾が亡命申請を拒否した後、タイで。Jia JiaとJia Kuoは、後に電磁マインドコントロールのターゲットになりました。(エポックタイムズ)
Jia Jiaの息子Jia Kuoは、ニュージーランドにいる間、家族全員が「マインドコントロール」と音波攻撃に苦しんでいたことを明らかにしました。
それは非常につらい経験であり、事態を悪化させるために、彼らが経験していることを他の人に納得させる確固たる証拠を提供することは非常に困難でした。
ジア・クオは、中国の政権に彼だけをターゲットにし、家族を迫害するのを止めたいと思ったため、父親が中国に戻ることを決めたと言いました。
中国東部の江蘇省出身の権利活動家のShen Aibingは、中国のEpoch Timesに、EMマインドコントロール技術の犠牲者である可能性があると語った。
中国当局は、共産党の創立70周年を前に、リスト上のすべての反体制派の管理を強化した。他の反体制派とともに、シェンは9月3日から24時間監視下にあり、それ以来彼の家族全員が異常な健康状態を経験し始めました。
「テレビを見ていると、突然めまいを感じたり、頭に大きなプレッシャーを感じたりして、動けなくなりました。
耳が太り、頭痛がするのを聞いたので、眠ることもできませんでした。
私の記憶も悪化しました。エッセイを書こうとすると、脳が機能しなくなります。
シェンは、彼の娘も同じように苦しんでいると付け加えた。

別の反体制派の犠牲者は、中国の農民の権利を擁護することに多くの時間を費やしたフリーランスの作家であるLu Qianrongであり、したがって「敵」として中国政権の標的にされています。
ルーは、中国語のエポックタイムズに、他の人が自分の考えを読むことができると信じていると語った。
多くの場合、彼は彼の心に考えを持ち、5分以内に、彼は彼の頭の中の人々のグループが彼がちょうど考えたことを他の人に話すのを聞いた。
これらの人々は彼の心を読むことができたので、彼らは彼の計画を予測することができ、当局はそれに応じて彼を迫害しようとした。
ルー氏は、中国政権は自国の人々で脳の技術をさらにマスターするために実験していると同時に、その技術を使用して政治的反体制派を迫害していると考えていると述べた。
ルーは、貧しい退役軍人に援助を提供するよう中央政府に請願した後、彼が「マインドコントロール」の犠牲者になったと信じている、王ヤンという障害のある退役軍人について知っていました。
香港に本拠を置くApple Dailyは、2014年3月に「2回のセッション」(トップ議員と政治顧問が将来の政策と人事異動を議論する主要な政治会議)の間に、マインドコントロールテクノロジーの問題が新聞で取り上げられたと報告会議。
中国の人民解放軍の兵Department部の政治委員であるYu元は、「中国当局は「マインドコントロール」と呼ばれる科学的研究を行っているのか」と尋ねた記者に会った。
秘密のプロジェクト。
これ以上詳細を明かすことはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA