組織ストーカー・スパイ用語解説

令和時代に入り、日本国内の集団ストーカー被害者は今後も増大すると予測されます。集団ストーカーの手法を他人事だとは思わずに、頭の片隅で覚えておいてください。いつか、役に立つ時が来るかもしれません。

集団ストーカーの手法: 目 次
テクノロジー犯罪 /開示型と非開示型の集団ストーカー/スパイ工作/技術監視/心理工作/ プロファイリング/ガスライティング(Gaslighting)/マインドゲーム(Mind Games)/ほのめかし/付け回し(強制尾行)/ブライティング/アンカリング( 条件付け)/モビング(職場での集団的虐待)/ストリートシアター(組織的猿芝居)/ コリジョンキャンペーン(衝突工作)/MKウルトラ/コインテルプロ(COINTELPRO)/ノイズキャンペーン/異物混入・毒物混入/ネット工作/検索エンジンの工作/不法侵入/精神科強制入院/金銭攻撃/顔認証システムの悪用/人質攻撃/ 学習妨害/なりすまし/違法人体実験/パターン誘導/挑発/証拠の破壊/態度の豹変/ 病気誘発/依存誘導/ミス誘発/検索エンジンを利用した情報工作/引っ越し誘導/ 変装工作/複合攻撃/生きがいのはく奪/視力低下/数字の意識付け/一般市民の人体操作/趣味趣向の強制変更/イベントの破壊工作/ドッペルゲンガー/なすりつけ/洗脳による思想誘導/儀式イベント/いら立たせ/認知症攻撃/トモダチ作戦/ ハニートラップ(イケメントラップ)/器物破損と窃盗/ごみあさり/大量動員/ 盗聴・盗撮/離反工作/思い込ませ/自滅誘導/暗殺/ライフラインへの攻撃/血統の管理/人生の管理/思想誘導/シナリオ誘導/ビッグデータと人工知能の悪用/閉じ込め/地上げ/情報封鎖/意志の破壊/不正隠蔽/BMI犯罪/罪悪感の植え付け/ 共時性(シンクロニシティ)攻撃/睡眠妨害、強制睡眠/情報共有妨害/飛行機やヘリからの監視/ケムトレイル/子どものいじめ/公共交通機関の事故演出/感染する被害/ 居住区の改造/SNSの背のり/ネット広告を利用したほのめかし/歩兵/種明かし

今回は、ツイッターでも使える集団ストーカー用語集を記事にしてみました。引用、転載はご自由にどうぞ♪

集団ストーカーの手法 テクノロジー犯罪
テクノロジー犯罪とは、指向性エネルギー兵器を利用した遠隔拷問、先端科学を利用した技術監視、高度電子工学を利用した人体実験を融合させた非人道的な犯罪です。電磁波、磁気、音波、放射線が複合利用されており、実質的には一般市民に対するテロ行為です。
(追加ツイート用原稿)
他にも、様々な周波数の電磁波を利用した電子洗脳、思考盗聴、音声送信、人体通信、遠隔的神経監視、BMIテロなども行われています。海外では一般的にエレクトロニックハラスメント(ElectronicHarassment)と呼ばれており、テクノロジー犯罪の中身は世界中で共通しています。

集団ストーカーの手法 開示型と非開示型の集団ストーカー 開示型の集団ストーカーとは、ターゲットに自らが監視されていることを意図的に自覚させる集団ストーカーです。
非開示型とは、ターゲットに気付かれない様に秘密裏に行う集団ストーカーです。非開示型が開示型に移行することもよくあります。

集団ストーカーの手法 スパイ工作 集団ストーカーは、一般的に組織的な嫌がらせだと考えられていますが、実際に被害に遭ってみると、スパイ工作の要素が強いと感じます。監視手法、家宅侵入方法、尾行だけにとどまらず、被害者に対する心理戦や情報操作もスパイ工作そのものです。

集団ストーカーの手法 技術監視 レーザー監視と、高度な技術監視ネットワークが、集団ストーカー被害者に対して行われています。スマートホンを始め、被害者の身の回りの機器も盗聴・盗撮に利用されています。自宅の家具や家電に、監視装置が埋め込まれることもあります。完全に、プロの仕事です。

集団ストーカーの手法 心理工作 心理学を悪用し、ターゲットの精神を攻撃したり洗脳する手法です。集団ストーカーで利用される心理工作スキルは、諜報機関クラスで非常に高度かつ多角的です。集団ストーカー被害者は、自分で洗脳を解く技術と、ストレスコントロールを身に付ける必要があります。

集団ストーカーの手法 プロファイリング プロファイリングは、ターゲットの個人情報をあらゆる方法で集め、分析・集約し、いつでも必要な情報を利用できる形に整理する行為です。ターゲットの家系、血縁、友人関係、趣味、異性のタイプ、拘り、思想、行動パターン、あらゆるデータが集約されます。

集団ストーカーの手法 ガスライティング(Gaslighting) ガスライティングは、集団ストーカーの最も基本的な手法です。心理学を悪用して、ターゲットの知覚や思考を混乱させ、現実認識能力を狂わせる工作を指します。ガスライティングの手法は、多岐に渡ります。

集団ストーカーの手法 マインドゲーム(Mind Games) ガスライティングの手法の1つです。部屋のモノの位置を動かしたり、椅子の高さを変えたり、調味料の量をちょっとずつ増やしたりします。これをやられると、現実認識能力がおかしくなり、場合によってはパニックになります。 集団ストーカーの手法 ほのめかし ターゲットの個人情報や、気になるキーワードを何げない言葉でほのめかし、相手に自分が監視されていると認識させる攻撃です。ほのめかしにはアイテムを利用したものもありま す。例えば、毎日使う日用品や、働いている職場の商品が出かけるたびに、道端に落ちていたりします。

集団ストーカーの手法 メディアのほのめかしTV、ラジオ、ネット広告を利用してターゲットの個人情報や敏感になっているキーワードをほのめかす攻撃です。個人を対象としたものと、あらかじめ複数の被害者にプログラミングしていたキーワードを利用するケースがあります。

集団ストーカーの手法 付け回し(強制尾行) 徒歩や自転車、バイク、自動車を利用した工作員が、組織的にターゲットを尾行する手法です。集団ストーカーに利用されている尾行方法は、スパイ技術と一致します。素人工作員はターゲットにわざとわかるように、プロ工作員は隠れて全体を監視します。

集団ストーカーの手法 ブライティング ブライティングは、可視領域の光を利用した心理攻撃です。ターゲットの自宅前の街灯だ け、チカチカと点滅するように工作したり、救急車やパトカーがサイレンを鳴らしながら、毎日ターゲットの前を横切ります。片目ライトやハイビームの車も多用されます。

集団ストーカーの手法 アンカリング(条件付け) 特定の仕草、光、音、アイテムをターゲットの意識に植え付け、それを利用しターゲットに狙われているという意識を起こさせる手法です。アンカリングによく使われるのは666、8888などのカルトナンバー車両や緊急車両、マスク、咳払いなどです。

集団ストーカーの手法 モビング(職場での集団的虐待) 職場で行われる集団的虐待を、モビングと呼びます。ターゲットの仕事の妨害をしたり、ロッカーから物を盗んだり、悪評を流し信用を失わせ、場合によっては辞職に追い込もうとします。

集団ストーカーの手法 ストリートシアター(組織的猿芝居) ターゲットが外に出かけると、ストリートシアターがよう行われます。よくあるのが、工作員同士の事故の演出です。出かけるたびに、目的地の近くで工作員同士の猿芝居がしばしば行われることがあり、被害者は辟易とします。

集団ストーカーの手法 コリジョンキャンペーン(衝突工作) ターゲットの進路を妨害する工作です。例えば、被害者が歩いていると歩道に暴走族がたむろしていたり、車で移動していると、後ろの車が煽り運転をしてきます。スーパーでレジに並ぼうとすると、ものすごい勢いで割り込んで来たりします。

集団ストーカーの手法 MKウルトラ CIAのMKウルトラと同程度の科学的洗脳が、多くの集団ストーカー被害者に対して行われています。特に多いのが、電磁波、音波を利用した遠隔からのマインドコントロールです。食品に薬物を混入させたり、ガスを利用して洗脳を強めることもあります。

集団ストーカーの手法 コインテルプロ(COINTELPRO) コインテルプロは、初代FBI長官によって開発された極秘プログラムです。同じ手法が、集団ストーカーにも利用されています。活動への潜入、世論操作、盗聴・盗撮、盗難、家宅浸入、あらゆる違法行為が行われます。

集団ストーカーの手法 ノイズキャンペーン 可聴域の音波を利用した攻撃です。ターゲットの自宅のすぐそばで、四六時中工事を行ったり、草刈り機を作動させ、気の休まる時間を削ります。出かけるたびに、サイレンを鳴らす緊急車両を通過させたり、くしゃみや咳き込みをして苛立たせます。

集団ストーカーの手法 異物混入・毒物混入 ターゲットが購入する飲食物や薬には、異物や毒物がたびたび混入されます。すり替えられた食品や医薬品は、よく見ると、正規品とはデザインが微妙に異なることがあります。ま た、家宅侵入され食品に毒を混入させられることもあり、完全なテロ行為です。

集団ストーカーの手法 ネット工作 ターゲットのPCをハッキングしたり、ウイルスに感染させる攻撃です。その他にも、ターゲットのSNSアカウントに不正ログインしたり、ネット速度を遅くしたり、メールが届かない様にしたりと、その手法は多岐に渡ります。ブログ執筆の妨害もたびたび行われます。

集団ストーカーの手法 検索エンジンの工作 ネットの検索エンジンは、各国のディープステート勢力の圧力によって調整されており、「集団ストーカー」に関するキーワードを検索しても、正しい情報がヒットしにくくい様に工作されています。逆に、人々を誤解させるデマ情報は多くヒットします。

集団ストーカーの手法 不法侵入 集団ストーカー被害者は、家宅侵入を日常的にされています。集団ストーカーには、素人とプロの工作員が存在しており、刑法に関する多くの分野はプロの工作員が担当しています。家宅侵入も、監視カメラを設置しても特定の映像だけ抜かれたりするためプロの仕事です。

集団ストーカーの手法 精神科強制入院 ターゲットを統合失調症に仕立て上げ、精神病院に強制的に入院させる犯罪です。警察が家族の方に連絡し、入院させるケースが最も多いです。その他にも、探偵や自治体組織からの通報もあります。集団ストーカーには、精神医学利権も絡んでいます。

集団ストーカーの手法 金銭攻撃 高額な家電や、水道、電気のライフラインを破壊し、急な出費をさせたり、給料を急激に減額させる事で、ターゲットを経済的に追い込む攻撃。よくあるのは、自動車の車検で、異常な金額を取られること。 集団ストーカーの手法

集団ストーカーの手法 顔認証システムの悪用 何もしていないターゲットを、顔認証システムのブラックリストに登録することで、ターゲットがスーパーやショッピングモールに行くたびに、警備員に監視させる攻撃です。これにより、ターゲットに社会的疎外感を感じさせ、精神を疲労させます。

集団ストーカーの手法 人質攻撃 家族、親戚、親友、ペットを人質にして、ターゲットの行動を抑制する手法。被害者が特定の行動を起こすたびに、親戚や友人が事故を起こしたりする。気の弱い被害者は、自ら行動を抑制してしまう。非常に質の悪い犯罪行為。

集団ストーカーの手法 学習妨害 学校の勉強や資格試験、テクノロジー犯罪に関する独学など、被害者が必要とする学習をあらゆる方法で妨害する攻撃。多く使用されるのは、脳へのテクノロジー犯罪で、記憶を飛ばしたり、無理やり眠りに落とされたりする。

集団ストーカーの手法 なりすまし ターゲットの被害者に成りすまして、他の被害者の人間関係を破壊する攻撃。例えば、特定の被害者の名前を使って、掲示板に第三者の悪口を書いたり、ありもしなデマ情報を送る。

集団ストーカーの手法 違法人体実験 集団ストーカー被害者に対しては、高度電子工学を悪用した人体実験が行われています。ターゲットの人体に違法な電磁波や音波を当て、様々な症状を発症させ、その経過を監視しています。毒物や毒ガスが利用されることもあります。完全に、モルモット扱いです。

集団ストーカーの手法 パターン誘導 ターゲットの生活パターン、行動パターンを、加害勢力が望む方向に誘導する手法です。加害勢力が望まない行動を行った時に被害を激しくすることで、被害者の行動パターンは単純化され、監視、尾行が容易な状態に置かれます。

集団ストーカーの手法 挑発 複数の工作員が、ターゲットのそばを通りかかる際に、唾を吐いたり、睨みつけたり、鼻をこすったりして神経を逆なでする手法です。最近では、テクノロジー犯罪を利用して、一般市民に同様の行為を無自覚に行わさせるケースもあるので、注意が必要です。

集団ストーカーの手法 証拠の破壊 ターゲットが保存した証拠を家宅侵入して破壊、あるいは盗み出す手口です。パソコンに保存された証拠も、ハッキングされて盗まれます。被害者の方は、証拠を厳重に保管する必要があります。

集団ストーカーの手法 態度の豹変 新しい環境に置かれた時に、心理攻撃を行う工作員と、情報収集用の工作員が複数ターゲットに接近します。情報収集を担当する工作員は、最初は親しく接してきますが、ある日突 然、集団で態度を豹変させます。これにより、ターゲットは深刻な人間不信に陥ります。

集団ストーカーの手法 病気誘発 テクノロジー攻撃や毒物混入により、被害者の方はたびたび病気にさせられます。また、意図的な事故工作により、けがをさせられることもあります。病気誘発は被害者だけではなく、身近な関係者に対しても行われます。

集団ストーカーの手法 依存誘導 お酒、ギャンブル、異性関係、特殊な趣味、クレジットカードを利用した買い物など、ターゲットに何らかの負の依存性が見られた場合、加害勢力はそれを強めようとします。また、健全な被害者に対しても洗脳や誘導工作を行い、何かしらに依存させ工作に利用してきま す。

集団ストーカーの手法 ミス誘発 大切な仕事や趣味の最中に、重大なポイントで意図的にミスを引き起こす手法です。車の運転中にターゲットの脳に電磁波を送り、事故を誘発するケースもあります。

集団ストーカーの手法 検索エンジンを利用した情報工作 「集団ストーカー」を含む特定キーワードを検索すると、デマ情報が上位に来るように検索エンジンを調整する犯罪です。特にGoogleの検索エンジンは酷く、集団ストーカーと検索しても、本当の情報にはなかなかたどり着けません。

集団ストーカーの手法 引っ越し誘導 ターゲットが、加害勢力にとって工作しずらい環境で生活している場合、引っ越し誘導が行われます。その際、風評被害やテクノロジー犯罪の強化が行われます。その結果、加害勢力にとって工作のやり易い環境で生活する可能性が高くなります。引っ越しは慎重に…。

集団ストーカーの手法 変装工作 集団ストーカーには、本物のパトカーや救急車が現れますが、偽物もよく現れます。偽警 官、偽消防車、偽郵便局員など、冷静に見ると衣服のデティールがおかしく、身分証明を求めると立ち去るのが変装工作員の特徴です。コスプレ衣装を揃えたバンも目撃されていま す。

集団ストーカーの手法 複合攻撃 集団ストーカーは基本的に、組織的付きまといや嫌がらせだけではなく、複数の犯罪を複合した攻撃が行われています。典型的なのが、組織的付きまとい、心理学を悪用した精神破壊工作、高度電子工学を利用したテクノロジー犯罪、不法侵入、ネット工作の複合攻撃です。

集団ストーカーの手法 生きがいのはく奪 人生をかけて大切にしている趣味やコレクションを破壊し、生きがいを失わせ、ターゲットの精神に致命的なダメージを与える攻撃です。 これをやられると、暫く立ち直れません。

集団ストーカーの手法 視力低下 テクノロジー犯罪被害者の多くが、視力の低下被害にあっています。また、かなりの数の被害者が白内障になっています。原因としては、加害勢力が脳への電磁的干渉経路の1つに眼球を使用しているからだと考えられます。

集団ストーカーの手法 数字の意識付け 集団ストーカーには、「8」という数字と「666」という数字が多用されます。他にも、ターゲットの誕生日や、クレジットカードの暗証番号が、意識付けに利用されます。例え ば、ATMでお金を降ろした後、暗証番号のナンバーの車が現れたりします。

集団ストーカーの手法 一般市民の人体操作 一般市民の肉体を操り、咳き込ませる、唾を吐かせる、特定のキーワードを発言させるという攻撃が行われています。嫌がらせの中には、工作員が行うケースと、テクノロジーで一般市民を操るケースがあります。咳き込み=工作員の嫌がらせとは限りません。

集団ストーカーの手法 趣味趣向の強制変更 今までご飯が好きだった方が、急にパン食になったり、魚が好きだった方が急に肉好きになったり、甘党が辛党になったり、お酒を飲まなかった方が急にお酒を飲み始めたりしています。テクノロジーを利用して、ターゲットの趣味趣向を強制的に変える攻撃です。

集団ストーカーの手法 イベントの破壊工作 イベントに参加する被害者が、相次いで体調不良にあったり、事故に遭ったりすることがあります。また、イベントに不審者が現れ妨害したり、急激な天候不良で大雨が降ったりします。それを乗り越えて、皆さんイベントを開催しておられます。

集団ストーカーの手法 ドッペルゲンガー 亡くなった家族、友人、あるいは疎遠となった知人、時には被害者のそっくりさんを用意して演出を行う心理攻撃。そっくりさんは、ネットの広告に出すこともある。現実感覚の喪失が目的。そっくりさんは、髪型、身長、服装がそっくりなだけで、顔は別人が多い。

集団ストーカーの手法 なすりつけ 他の人がした仕事のミスを、全てターゲットに擦り付ける攻撃です。複数で行うケースもあり、なすりつけを繰り返されたターゲットは、信用を喪失します。ただし、加害者がなすりつけに失敗して、自滅するケースもあります。

集団ストーカーの手法 洗脳による思想誘導 ターゲットを、スピリチュアル、疑似右翼、疑似左翼、虚無主義に洗脳し、一般市民の感覚から剥離させる攻撃。ターゲットが最も反応するポイントを狙い撃ちにして、被害者全体をいくつかの派閥に分断し、統治します。

集団ストーカーの手法 儀式イベント 何故か特定の月日に、日本全国の被害者の周りで一斉に事故が起きることがあります。被害者の親戚が亡くなる日も、重なっている場合がよくあります。儀式的な日に合わせて、暗殺されている可能性があります。

集団ストーカーの手法 いら立たせ 組織的に、唾吐き、鼻すすり、ベロだし、にらみつけなどをターゲットの前で行い、いら立たせます。一般市民が、テクノロジーで操られ、悪意なくターゲットの前で上記の行動を起こすこともあります。

集団ストーカーの手法 認知症攻撃 薬物混入や脳への電磁波攻撃により、ターゲットを認知症にする攻撃です。認知症攻撃に は、一時的なものと長期的なものがあります。放射線攻撃の被害により、認知症症状が始まる被害者の方もいます。

集団ストーカーの手法 トモダチ作戦 スパイ工作員がターゲットに馴れ馴れしく近づき、ターゲットの人間関係を密かに破壊します。同時に、別のスパイ工作員を新たな友人としてターゲットに送り込みます。その結果かつての友人関係は破壊され、加害勢力が用意した偽りのトモダチが増えていきます。

集団ストーカーの手法 ハニートラップ(イケメントラップ) ターゲットが好みの異性を利用し、誘惑する攻撃です。その反応は加害勢力によって情報収集されます。うっかり誘いに乗ると、酷い目に会うことがあります。

集団ストーカーの手法 器物破損と窃盗 加害勢力はたびたび家宅侵入を行い、心理工作のために、ターゲットの持ち物の位置を動かします。同時に、器物破損や窃盗も時折行われます。指向性エネルギー兵器を利用して、遠隔から器物を破損させることも多々あります。

集団ストーカーの手法 ごみあさり ターゲットのごみは、加害勢力によってたびたび持ち去られます。特に、書籍を捨てた場合は、トラックが現れ、捨てると同時に持ち去られることがあります。ごみには、あらゆる個人情報や生体情報が含まれるので、捨てる際は注意が必要です。

集団ストーカーの手法 大量動員 時折、集中的に大量の工作員がターゲットに向けられることがあります。よくあるのは、被害初期の精神が弱っている時、被害者イベント当日、私的な重要な用事がある時です。

集団ストーカーの手法 盗聴・盗撮 集団ストーカーに利用される盗聴・盗撮技術はスパイレベルです。探偵に頼んでも盗聴器は出てきません。高いお金を取られるだけです。テクノロジー犯罪被害者は、レーダーや電磁波でつねに補足されており、被害者の人体そのものが盗聴器になっています。

集団ストーカーの手法 離反工作 ターゲットを、人間社会から隔離する工作です。家族、親戚、友人関係、職場の人間関係を破壊し、加害勢力が用意した偽りの友人と結びつけられます。なので、集団ストーカー被害者の方は、離反工作に負けず、意識的に被害が始まる前の人間関係を維持してください。

集団ストーカーの手法 思い込ませ 電磁波を利用した洗脳や、情報工作により、ターゲットに特定の思い込みを発生させ、それを強化させる手法です。典型的なのは、家族や他の被害者が自分に対して悪い感情抱いていると思い込ませる手口です。被害者は洗脳に負けずに、家族や他の被害者を信じましょう。

集団ストーカーの手法 自滅誘導 集団ストーカーの目的は、ターゲットの心身を破壊して、自殺をさせたり、精神病院に入院させたり、経済的破綻に追い込み、社会的な信用を喪失させることが目的です。加害勢力 は、まるでターゲットが自滅したかのように攻撃してきます。加害勢力は、卑劣な連中で す。

集団ストーカーの手法 暗殺 集団ストーカーは基本的に長期的な精神破壊工作と人体実験なので、殺されることはほとんどありません。しかし、ごくまれにテクノロジーを利用した暗殺は行われます。被害者よりも、被害者の関係者に不審死がよく起きます。加害者が不審死する事もよくあります。

集団ストーカーの手法 ライフラインへの攻撃 電気・ガス、水道などのライフラインを攻撃する手法です。家宅侵入をして破壊する以外にも、指向性エネルギー兵器を利用して、遠隔から破壊するケースがあります。経済的に追い込み、ライフラインをストップさせることもあります。

集団ストーカーの手法 血統の管理 特定の血統のターゲットは、ただそれだけで意味もなく被害者になることがあります。そういった特異なケースは、結婚相手まで加害者が用意し、望まない血縁関係を結ばさせられることがあります。その後、離婚工作が行われ、子どもだけ取られることもあります。

集団ストーカーの手法 人生の管理 集団ストーカー被害者は、24時間、365日個人情報を収集され、管理されています。加害勢力は、ターゲットの人生そのものを管理しようとしており、ここから得られたデータは恐らく、大衆支配や、高度電子工学を利用した新たな支配システムに利用されています。

集団ストーカーの手法 思想誘導 集団ストーカー被害者に対しては、多重両建てであらゆる思想洗脳が行われます。典型的なのが、スピリチュアル、疑似右翼、疑似左翼、虚無主義の多重洗脳です。共通しているの が、リアリズムの喪失と自立思考のはく奪です。

集団ストーカーの手法 シナリオ誘導 加害勢力はターゲット毎にシナリオを用意し、そこに落とし込めようとします。シナリオの先には、人生転落の落とし穴が用意されています。そのために、様々な工作員がターゲットに接近してきます。シナリオ誘導は、政財界の著名人にも行われています。

集団ストーカーの手法 ビッグデータと人工知能の悪用 一部の被害者は、電波を通して脳と人体を人工知能と接続されています。ターゲットから得られる莫大なデータは、人工知能を育てるエサとして利用されています。さらにビッグデータが加わり、被害者の行動は人工知能に予測され工作に利用されます。

集団ストーカーの手法 閉じ込め 心理工作を駆使して、被害者を自宅や精神病院に閉じ込める手法です。特に、臆病な被害者に対して行われます。これにより、自宅や精神病院が刑務所になり、その中でモルモットの様にテクノロジー犯罪の人体実験台にされます。

集団ストーカーの手法 地上げ 昔は地上げにヤクザや同和が利用されていましたが、現在では指向性エネルギー兵器も利用されています。加害勢力がほしい土地を所有する人間を指向性エネルギー兵器で拷問し、引っ越しさせたり、病気誘発させたり、時には暗殺します。地上げで、被害が始まる方もいます。

集団ストーカーの手法 情報封鎖 ターゲットのネット環境を切断させると同時に、指向性エネルギー兵器で読書の妨害をします。時には、TVさえ破壊されます。これにより、あらゆる情報から隔離され、一般市民と情報共有が出来なくされます。

集団ストーカーの手法 意志の破壊 集団ストーカー最大の目的の1つです。心理攻撃と指向性エネルギー兵器による拷問・洗脳で、ターゲットの意志と自立思考能力を破壊します。時には、本当に脳の一部機能を破壊されることもあります。 集団ストーカーの手法 不正隠蔽 大企業の不正や内部告発に関わったことにより、被害が始まる方が多くいます。集団ストーカーは、組織の不正隠蔽にも利用されます。

集団ストーカーの手法 BMI犯罪 脳に干渉する高度電子工学を利用して、ターゲットを洗脳する手法です。BMIでターゲットをテロリストに改造し、テロを行わせ、それを口実に監視社会を強めるという悪質な手法が、国家も関与した上で行われています。

集団ストーカーの手法 罪悪感の植え付け 被害者のちょっとした落ち度をネチネチとほじくり、罪悪感を植え付ける手法です。加害勢力は、正義面で説教を垂れます。しかし、集団ストーカー加害勢力は、平気で人を殺し、テクノロジー兵器で女性をレイプしている連中です。

集団ストーカーの手法 共時性(シンクロニシティ)攻撃 偶然の一致を意図的に演出した心理攻撃です。よくあるのが、人に会うと相手が自分と全く同じ服装をしていたり、2人の集団ストーカー被害者が双方操られて、偶然同じ場所で遭遇したりします。

集団ストーカーの手法 睡眠妨害、強制睡眠 テクノロジー犯罪や騒音、ストレスにより、ターゲットの睡眠時間を著しく削る攻撃です。睡眠時間が3時間未満の被害者も少なくありません。逆に、テクノロジーや薬物混入、ガスなどで、強制的に眠らせる攻撃もあります。 集

団ストーカーの手法 情報共有妨害 集団ストーカーやテクノロジー犯罪の被害内容は、ターゲット毎に異なります。組織的付きまとい、嫌がらせだけの被害者もいれば、テクノロジー犯罪だけの被害者もいます。被害内容を千差万別化する事により、情報共有が出来ずに、意思疎通が妨げられています。

集団ストーカーの手法 飛行機やヘリからの監視 集団ストーカーには飛行機やヘリも利用されます。特に多いのが、ヘリを利用した付け回しです。使用されるヘリは幅広く、公的機関のヘリ、医療用ヘリ、企業のヘリ、軍用のヘリと多岐に渡ります。ブラックヘリが並行して飛んでくることもあります。

集団ストーカーの手法 ケムトレイル ターゲットの住む街には、ケムトレイルがよく巻かれます。私の場合、図書館に入り外に出ると、図書館の真上に×印の日本のケムトレイルが上空に巻かれていたりします。ケムトレイルが、ターゲットのマーキングにも利用されている様です。

集団ストーカーの手法 子どものいじめ 集団ストーカー被害者の子どもは、学校や地域でいじめられることが多いです。どうやら、大人が子どもにいじめをやらせている様で、クラス替えさえ操作されています。集団ストーカー被害は、子孫に受け継がれることが多く確認されています。

集団ストーカーの手法 公共交通機関の事故演出 集団ストーカー被害者が電車などの公共交通機関を利用しようとすると、人身事故やその他不備で、よく電車が遅れます。まるで、何かの訓練に利用している様で、これは日本国中の被害者の身に起きています。

集団ストーカーの手法 感染する被害 集団ストーカーの被害は、周りの人に感染することがよくあります。特に、テクノロジー犯罪はその傾向が多いです。被害者の家族、職場関係、理解度が高い友人に被害が広がることはよくあります。

集団ストーカーの手法 居住区の改造 ターゲットの住む街は、時間をかけて改造されます。最も多いのが、監視カメラの増加と、電線の増加です。また、工作員が大量に引っ越してきて、定住し、地域社会を侵食するケースもあります。

集団ストーカーの手法 SNSの背のり 再起不能にしたターゲットのブログ、ツイッターなどをハッキングして削除すると共に、本人のふりをして悪質な情報を発信します。 SNSの背のりは、集団ストーカー被害者以外にも、影響力の高い社会運動家に対しても行われています。

集団ストーカーの手法 ネット広告を利用したほのめかし ネットの広告欄を利用したほのめかしです。ターゲットのコンプレックスをほのめかすものがよくあります。その他にも、自分とそっくりなモデルが、今まさに来ている服と同じ服を着て現れたり、日ごろほのめかしに使われるアイテムが出てきます。

集団ストーカーの手法 歩兵 歩兵とは、マスゲームの様に命令通り動く末端工作員のことです。警察、自衛隊、消防などの公務員はこれに含まれません。主に付け回しや心理工作を行います。誰でも出来るクエストを命令通りこなします。

集団ストーカーの手法 種明かし 自覚なき集団ストーカー被害者に対して、集団ストーカー犯罪の手法と性質をあえて遠回りに教えて、自身が集団ストーカー被害者だと気付かせて絶望させる手法です。種明かしをされた被害者は、徐々に自分の置かれた状況を自覚して行きます。 (memo)

集団ストーカーの手法 分類:
1)心理工作
(2)テクノロジー犯罪
(3)スパイ工作
(4)技術監視
(5)人体実験
(6)ネット工作
(7)その他

補足:Twitterの残り文字数を数える
https://www.benricho.org/character_count/

初心者向け10分できるTwitterのボットBotの作り方
https://tsuchiyashutaro.com/archives/1725

コメント:執筆中の書籍に、集団ストーカーの手法を載せるつもりで、その種子となる文章を記事にしました。ついでに、ツイッターでも利用できるように文章量を調整しました。読みづらい部分もあるので、時間をかけて修正します。書籍には、30~50程度の手法を載せるつもりです。

関連記事 テクノロジー犯罪 用語集

【永久保存版】集団ストーカーの手法 まとめ

海外の被害者サイト ブックマーク+ 集団ストーカー 小冊子

もくじ

集団ストーカーシステムの答え

#集団ストーカー #テクノロジー犯罪 #用語集 #ツイッター #bot #引用転載自由 #書籍執筆のためのメモ #集団ストーカーの手法 #心の片隅で覚えておいてください #いつか役に立つかもしれません